滝尻王子

himeji

滝尻王子(たきじりおうじ)は和歌山県田辺市にある神社。現在の正式名称は滝尻王子宮十郷神社(たきじりおうじぐうとうごうじんじゃ)。

前身は九十九王子の滝尻王子で、五体王子の一つに数えられた(『熊野権現蔵王宝殿造功日記』)。

国の史跡「熊野参詣道」(2000年〈平成12年〉11月2日指定)の一部である。

現在は天照皇大神、日子火能迩々芸命、天忍穂耳命、日子穂々手見命、鵜茅葺不合命の5柱を祀るが、『熊野縁起』(正中元年〈1326年〉、仁和寺蔵)によれば九十九王子の一であった時代には不空羂索菩薩を本地としていた。
「滝尻」の名は、岩田川(富田川)と石船川(いしぶりがわ)の合流する地点に位置し、2つの急流がぶつかりあって滝のように音高く流れたことに由来すると伝えられる。

古来の参詣道を精確に推定することは困難だが、参詣者が初めて岩田川に出会う稲葉根王子から滝尻王子まで、参詣者は何度となく岩田川を徒渉しなければならず、一種の難所であった。
「熊野道之間愚記」建仁元年(1201年)10月13日条で、この間の道中について、幾度も川を渡り山を越さなければならないと述べると同時に、紅葉が川面に映るさまを見事であると讃えている。

観音菩薩の補陀落浄土から流れてくる岩田川の水と、薬師如来の浄瑠璃浄土から落ちてくる石船川の水で沐浴することで罪が滅される、と滝尻での垢離の意義が説かれている。

乳岩伝説というのがあり藤原秀衡が子宝を授かったお礼参りに妻を連れていったが、熊野古道の途中で産気づき出産。赤子を連れて参拝できないと考えたその夜に熊野権現からのお告げにより滝尻の裏山にある岩屋に赤子を残して旅を続け。

赤子は岩から滴る乳を飲み、狼に守られながら両親の帰りを待ったと言い伝えられている。
その赤子がのちの泉三朗忠衡である。

そのことにより子宝祈願・安産祈願にご利益があるとされる。

関連パワースポット:


コメントを残す