滑床渓谷

himeji

滑床渓谷(なめとこけいこく)は、愛媛県宇和島市から北宇和郡松野町にまたがる渓谷である。四万十川支流の目黒川最上流12kmに及ぶ、愛媛県下有数の渓谷である。足摺宇和海国立公園に属する。
名前の由来は、ほぼ全域が花崗岩から成り立っているため、長年の浸食によって岩肌が滑らかになっていることに因む。落差80m、一枚の岩盤を滑るように落ちる雪輪の滝をハイライトに、霧ヶ滝、象頭岩、太鼓岩、千畳敷などの景勝地があり、また豊かな自然の中に野生の猿や鹿が棲息している。 「大渓谷水源の森百選」 にも選定されている。

滑床渓谷には鳥居岩という強力なパワースポットが存在する。
鳥居岩は滑床渓谷一帯の山の守り神で、大きな岩がふたつに割れ、その上に大きな岩がのって鳥居のような形をしている。
毎年、春の山開きにはここで祝詞をあげ、山の安全を願う。

さらに、この場所には滑床自然公園の創始者とも言われている
故・岡田倉太郎初代松野町町の碑もあり、滑床渓谷にとっては、重要な場所である。

大きな地図で見る

関連パワースポット: