滑川渓谷

himeji

滑川渓谷(なめがわけいこく)は、愛媛県東温市にある渓谷。砂礫岩の奇怪な岩肌や、美しい川床、甌穴(おうけつ)など、自然が創り出した芸術の世界を堪能できる。

自然の賜物であるツルツルの川床を滑るように水が流れているのでこの名前がつけられた。

およそ1kmにおよぶナメラと呼ばれる一枚岩の川床を滑るように水が流れ、あたかも仙人境を思わせるような幻想的な景色が美しい「滑川渓谷」。夏になれば、この岩床を伝って沢登りをする家族連れや観光客がたくさん訪れる、冒険気分で歩くのには格好の散策コース。

滑川渓谷を先へ先へと進み、熊の爪、犬くぐりといった景観を過ぎ奥へと進むと「奥の滝」へと辿り着く。

「奥の滝」は、幾千年もの年月を経て創り出された地形と四季それぞれ違った景色を楽しむことができる、滑川渓谷の中でも一見の価値あるお薦めのスポット。

深緑に囲まれ幻想的な世界をつくりだす春と夏。冬には、流れ落ちる水が長さ数メートルの氷柱となり、まわり一面を氷の世界へと姿を変える。

また、紅葉の季節は必見。滑川のせせらぎと赤や黄色に染まった渓谷の紅葉を360度ビューで楽しむことができる。

関連パワースポット:


コメントを残す