江島神社(江ノ島神社)

enoshimajinja

アクセス

交通: 小田急線「片瀬江の島駅」、江の島「江の島駅」から徒歩15分
住所: 神奈川県藤沢市江の島2-3-8

歴史

社伝によれば、欽明天皇13年(552年)、神宣に基づき欽明天皇の勅命により、江の島の南の洞窟に宮を建てたのに始まると伝える。神仏習合により当社は金亀山与願寺と称する寺となった。『吾妻鏡』によれば、寿永元年(1182年)、源頼朝の命により文覚が島の岩屋に弁財天を勧請したとあり、これをもって創建とすることもある。歴代の鎌倉幕府将軍・執権や、代々の領主から崇敬を受けた。江戸時代には弁才天信仰が盛んになり、多くの庶民が参詣するようになった[2]。
当社には岩本坊・上ノ坊・下ノ坊の3つの別当があり、それぞれ岩屋本宮(現在の奥津宮)・上之宮(現在の中津宮)・下之宮(現在の辺津宮)を管理していた。その中で岩本坊は総別当とされ、江島寺とも称した。慶安2年(1649年)に京都・仁和寺の末寺となってからは、岩本坊のみ院号の使用が認められて「岩本院」と称するようになった。三坊は競って当社の縁起を説いて回り、参詣者を集めた。そのうちに利権争いが起こり、寛永17年(1640年)、岩本院は幕府からの朱印状を得て上ノ坊を吸収した。後に下ノ坊も支配するようになり、岩本院が全島の権益を握ることとなった。
明治元年(1868年)の廃仏毀釈により三重塔の他多くの仏教施設や仏像などが破壊された。明治6年(1872年)には、仏式を廃して神社となり「江島神社」へ改称、県社に列せられた。同時に僧侶は全員僧籍を離れて神職となり、岩本院は参詣者の宿泊施設としても利用されていたことから、旅館となり「岩本楼」へ改称した。

ご利益

  • 縁結び
  • 恋愛成就
  • 財運
  • 金運

ポイント

縁結びで有名な江ノ島神社はカップルで参拝をすると別れてしまう可能性があるそうです。
真実かただの噂かわかりませんが参拝をする際には一緒に行く人を選んだ方がいいかもしれません。

例えば恋人がいる人同士複数でいき参拝するなどがいいと思います。
カップルで行って別れてしまってはなんの意味もありませんので一緒に行かないのが一番かもしれませんね。

実は神様がこのカップルはお互いに合わないから別れさせるように仕向けているという一節もあります。なので来るべき時が早くなるだけという感じかもしれません。

最大のパワーを得られるのは岩屋の社

社殿を奥津宮、中津宮、辺津宮に弁天堂が外側だとしたら、もっとも大事な内側の部分はこの岩屋の社です。

この部分が最も最大のパワーを得れる場所であり天・地・海・五頭竜のパワーを吸収できるすごいパワースポットなんです。

是非江島神社にいったら岩谷の社に訪れてください。


関連パワースポット:


コメントを残す