水無神社(飛騨一宮水無神社)

himeji

飛騨一宮水無神社(ひだいちのみやみなしじんじゃ)は岐阜県高山市(旧・大野郡宮村)にある神社である。水無という名前だが、水の神社。神体山としており、位山はUFO出没の場所としても知られる。

『延喜式』にみえる古社。祭神は水無大神で、これは御歳大神、天火明命、応神天皇など16柱を総称したもの。水無は「みなし」「みずなし」どちらにも読みますが、地元では「すいむさん」とも呼びます。水の神、水主(みぬし)から来ている名前だ。

神代の昔より表裏日本の分水嶺位山に鎮座せられ、神通川、飛騨川の水主、また水分の神と崇め農耕、殖産祖神、交通の守護(道祖神)として神威高く延喜式飛騨八社の首座だ。

戦災を逃れるため、1945年に熱田神宮から天叢雲剣が一時移されていた社でもある。

南西にある位山が御神体で奥宮がある。分水嶺上にありそのエネルギーをもつ霊山。

巨石が点在する位山は、ピラミッドであるとも、世界最大級のパワースポットだとも言われる有名スポット。

大きな地図で見る

関連パワースポット: