武田神社

himeji

武田神社(たけだじんじゃ)は、山梨県甲府市古府中町にある神社。躑躅ヶ崎館の跡地(武田氏館跡)に建てられており、武田信玄を祭神とする。旧社格は県社。

戦国期に武田城下町の中心で領国経営の中核であった武田氏館跡は武田氏滅亡後に破却され、甲府は南端の甲府城を中心とした城下町としなる。

近世に武田氏館跡は「古城」「御屋形跡」と呼称され武田氏時代を偲ぶ名所のひとつとして旅行者が訪れる程度であったが、明治期には史跡保存運動が起こる。

4月12日に行われていた例大祭には神輿の後に地元相川住民による武田二十四将を模した騎馬行列が行われており、1947年(昭和22年)からは甲府市と市商工会議所、観光協会の共同開催で桜祭りが開催され、最終日を例祭に合わせていた。

戦後には観光業振興により武田信玄が歴史的観光資源として着目され、1966年(昭和41年)からは甲府信玄祭りが開催され、以来は行政主導による都市祭礼としての信玄公祭りが4月12日前の土日に開催されており、地域住民による例祭と共存している。

境内にある宝物殿(入場は有料)には、太刀「吉岡一文字」や信玄公の軍扇、武田二十四将図等、武田家ゆかりの貴重な品々が収められている。
必勝祈願はもちろんのこと商売繁盛・開運招福にも御利益があるとされてる。

また境内には三葉の松がある。全国でも珍しく黄金の色になり落葉することから金運のご利益がえられ、また松には古来より延命長寿のご利益があるとされるので身につけることにより招福必来に導かれるとされている。

関連パワースポット:


コメントを残す