楯築遺跡

himeji

楯築遺跡(たてつきいせき)は、岡山県倉敷市矢部の丘陵上にある弥生時代の墳丘墓。楯築墳丘墓ともいう。

双方中円墳である。古くは片岡山古墳と呼ばれていた。国の史跡。
環状列石(ストーンサークル)でつくられた遺跡で、王墓の丘史跡公園内に存在している。

王墓山丘陵の北側に弥生時代後期(2世紀後半~3世紀前半)に造営された首長の墳丘墓である。

墳丘の各所から出土した土器片の多くが壺形土器、特殊器台・特殊壺の破片である。
直径約43メートル、高さ4、5メートルの不整円形の主丘に北東・南西側にそれぞれ方形の突出部を持ち、現在確認されている突出部両端の全長は72メートルで同時期の弥生墳丘墓としては日本最大級である。

主墳には2基の埋葬施設が確認され、墳頂中央部地下1.5メートルに埋葬されていた木棺がこの墓の主人のものと思われる。
出土した木棺は全長約2メートル・全幅約0.7メートルで棺の底には30キログラムもの朱が厚く敷かれていた。遺骨は検出されず歯の欠片が僅かに2個出土したのみである。

墳丘上の巨石の中央に小さなお社である楯築神社があり、ご神体として神石(亀石)と呼ばれる全表面に毛糸の束をねじったような弧帯文様が刻まれた石が安置されていた。現在、「伝世弧帯文石」と呼ばれる亀石は、この遺跡のそばの収蔵庫に祀られている。

開運招福や癒やしなどのご利益があるといわれている。

関連パワースポット:


コメントを残す