椿大神社(椿大社)

himeji

椿大神社(つばきおおかみやしろ)は、三重県鈴鹿市にある神社。式内社、伊勢国一宮。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。
別称として猿田彦大本宮とも呼ばれる。猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀る神社の総本社とされている。

伊勢平野を見下ろす鈴鹿山系の中央に位置する高山(入道ヶ嶽)短山(椿ヶ嶽)を天然の社として、太古の神代より祭祀されていた「猿田彦大神」の御神霊を、人皇第11代垂仁天皇の御代27年秋8月(西暦紀元前3年)に、「倭姫命(やまとひめのみこと)」の御神託により、大神御陵の前方「御船磐座(みふねいわくら)」付近に瓊々杵尊(ににぎのみこと)・栲幡千々姫命(たくはたちちひめのみこと)を相殿として社殿を造営し奉斎された日本最古の神社である。

みそぎ(滝の下で合掌して耐える滝行)が出来る神社として有名で、椿大神社を縁結びパワースポットとして利用している人が近年さらに増え、煩悩落としとしてみそぎを体験している人も少なくない。

家内安全、厄払いなど、色々な目的で利用している人が多く、恋愛においても決して例外ではありません。
そのため女性の参加者が多いのも特徴です。
修行僧としてパワーを得ようとしているため、単なる参拝などに比べるとそのパワーは計り知れない。

また、獅子舞発祥の地とされており、神文などにもその由来が見て取れる。

大きな地図で見る

関連パワースポット: