枚岡神社

himeji

枚岡神社(ひらおかじんじゃ)は、大阪府東大阪市にある神社。
当社から春日大社への勧請が行われたので、元春日の別称がある。社紋は春日大社と同じく下がり藤。

枚岡梅林でも有名であり、一帯はかおり風景100選(枚岡神社の社叢)に選定されている。

鳥居から、坂道を上り、さらに46段ほどの階段を登ると拝殿に着く。駅前の1853年(嘉永6年)に建てられた社名標には「元春日平岡大社」とあり「平岡」の表記や大社号もかつて使われていたことがわかる。

一の鳥居は神社からは線路の向こう側となる枚岡駅の西側にある。駅から少し石段を登ったところにある木の鳥居は二の鳥居である。
二の鳥居脇にある社名標は日露戦争戦勝を記念して1907年(明治40年)に建てられたもので、字は三条実美の書物から拾ったものである。

主祭神として祀られている天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、「日本書紀」神代巻に「中臣の上祖(とおつおや)」「神事をつかさどる宗源者なり」と記され、古代の河内大国に根拠をもち、大和朝廷の祭祀をつかさどった中臣氏の祖神で、比売御神(ひめみかみ)はその后神である。
経津主命(ふつぬしのみこと)・武甕槌命(たけみかづちのみこと)は、香取・鹿島の神で、ともに中臣氏との縁深い神として知られている。

鳥居周辺には強いエネルギーに満ちていてパワースポットとなっている。

ご利益は学業成就・必勝祈願・交通安全である

関連パワースポット:


コメントを残す