東京大神宮

himeji

東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)は、東京都千代田区富士見二丁目にある神社である。

天照皇大神・豊受大神を主祭神とし、天之御中主神・高御産巣日神・神御産巣日神・倭比売命を相殿に祀る。

江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いであった。

明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された当社は、最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていた。
関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め今日に至っている。

東京大神宮は「東京のお伊勢さま」と称され親しまれているが、伊勢両宮(内宮と外宮)の御祭神である天照皇大神と豊受大神、さらに倭比賣命を奉斎していることによる。

また、天地万物の生成化育つまり結びの働きを司る造化の三神が併せまつられていることから、近年縁結びに御利益のある神社としても知られ、良縁を願う若い人たちのご参拝も年々多くなっているなど、その御神徳は実に広大無辺なものがある。
家内安全・商売繁昌・開運厄除・交通安全・学業成就などの所願の神徳がある。

とくに縁結びのパワースポットとされているため、女性の参拝客が多い。
神前結婚式を初めて行った神社として知られており、恋愛成就や縁結びに関連するお守り・おみくじが数多く扱われている。

緑の庭は参拝客の憩いの場となっていて、夏には水辺に蛍も見れるという。

関連パワースポット:


コメントを残す