月読神社

himeji

月讀神社(つきよみじんじゃ)は、古来、清月・山の神と呼ばれており、山の神を祀る神社であったが、延宝年間に、平戸藩の国学者橘三喜によって、単純に、清月の地名から月読神社に比定されたようで、論社としての根拠は怪しいようだ。

祭神は月夜見命、月弓命、月読命の3柱を祀るがいずれも同神である。

延宝以前の由緒来歴は不明。延宝4年(1676年)に平戸藩の命を受けて壱岐島の式内社の調査を行った橘三喜が当神社を式内名神大社の「月読神社」に比定し、同年6月1日に藩主松浦鎮信により石祠と神体として木鏡1面が奉納され、以後しばらくは式内社とされたが、それ以前は特段の祭祀設備もなく単に「山の神」と称されるのみであった。

三喜が式内社と認定したのは鎮座地が「清月(きよつき)」と呼ばれていたからであったが、別に「ふかつき」とも呼ばれており、その語源は「ふかふち」であると見られるので、この三喜の判断には疑問が持たれている。

社殿は木々に覆われていて、昼なお暗く月の神を祀る神社らしい風情がある。

古事記では伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が天照大御神の次に産んだのが月読命(つくよみのみこと)とされている。京都の月読神社は、487年壱岐の県主(あがたぬし)の先祖忍見宿祢(おしみのすくね)が壱岐から分霊したもので、ここは神道の発祥の地とされる。

「ツキを読む」神社との異名もあり、特に芸能関係者の参拝者が多いのだそう。
また月読神社は古くから安産守護のお社として崇められてきており、日本屈指の安産・子宝パワースポットだとも言われている。

関連パワースポット:


コメントを残す