春日大社(若宮神社)

himeji

春日大社(かすがたいしゃ)は、奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。

式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。神紋は下がり藤。
全国に約1000社ある春日神社の総本社である。

武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界文化遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。

主祭神は武甕槌命、経津主命、天児屋根命 、比売神の4柱。総称して春日神と呼ばれ、藤原氏の氏神である。

奈良・平城京に遷都された710年(和銅3年)、藤原不比等が藤原氏の氏神である鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山(みかさやま)に遷して祀り、春日神と称したのに始まる。

社伝では、768年(神護景雲2年)に藤原永手が鹿島の武甕槌命、香取の経津主命と、枚岡神社に祀られていた天児屋根命・比売神を併せ、御蓋山の麓の四殿の社殿を造営したのをもって創祀としている。
ただし、近年の境内の発掘調査により、神護景雲以前よりこの地で祭祀が行われていた可能性も出てきている。

若宮神社は春日大社の摂社で本殿の東側に所在。比売神の御子神として天押雲根命を祀っている。復縁・縁結び等のご利益があり、流鏑馬などのさまざまな神事が年間を通じて行われている。

関連パワースポット:


コメントを残す