忍野八海

himeji

忍野八海(おしのはっかい)は山梨県忍野村にある湧泉群。
富士山の雪解け水が80年の歳月をかけ濾過し、湧水となって8か所の泉を作る。

国指定の天然記念物、名水百選に指定されている。また新富岳百景選定地にもなっている。

延暦19年-21年(800年-802年)の富士山延暦噴火により、宇津湖が山中湖と忍野湖に分かれた。後に忍野湖が乾き盆地になり、湧水口が池(泉)として残った姿が忍野八海である。

「八海」の名前は、富士講の人々が富士登山の際に行った八海めぐりからきており、富士講では忍野八海のことを「元(小)八海」と呼んでいる。

その神秘的な自然景観や現象から、観光客も多く、富士山周辺でも人気のスポットとして知られている。

観光として忍野富士と呼ばれるほど富士山が美しく、冬場は泉より朝霧が立ち込め幻想的。一番深い「湧池」を中心にして7つの池を歩いて回る観光客が多く、一つだけ離れた「出口池」には少ない。また、あまり目立たない「鏡池」「菖蒲池」などを省く観光客もおり、そちらも比較的少ない傾向にある。

忍野八海には8ヵ所以上の池が存在するが「出口池」「御釜池」「底抜池」「銚子池」「湧池」「濁池」「鏡池」「菖蒲池」の8つ以外の池は「忍野八海」とは何ら関係の無い人工池である。

関連パワースポット:


コメントを残す