御厨人窟(神明窟)

himeji

御厨人窟(みくろど)は、高知県室戸市室戸岬町にある弘法大師伝説の残る隆起海蝕洞である。
弘法大師空海が青年時代に厳しい修業を行った場所と言われる。五所神社が鎮座している。

洞窟前の駐車スペースとなっている場所は波食台であり洞窟上部の崖は海食崖である。御厨人窟の向かって右側に神明窟がある。

それぞれ祠が祀られており、御厨人窟には五所神社があり祭神は大国主命、神明窟は神明宮があり祭神は比売神となっている。

御厨人窟は平安時代初期、当時青年であった弘法大師がこの洞窟に居住したと伝えられている。
この洞窟から見える風景は空と海のみで、ここから「空海」の法名を得たとされる。
また、神明窟で難行を積んだと伝えられる。

難行の最中に明星が口に飛び込み、この時に悟りが開けたと伝えられている。

洞窟の中で聞こえる豪快な波の音は「室戸岬・御厨人窟の波音」として環境省の残したい「日本の音風景100選」に選定されている

大きな地図で見る

関連パワースポット: