弥彦山

himeji

弥彦山(やひこやま)は、新潟県の西蒲原郡弥彦村と長岡市との境界にある標高は634mの山である。

越後平野の日本海沿いに連なる、俗に弥彦山脈と呼ばれる山並みの主峰。北は角田山(482m)、南は国上山(313m)に連なる。
弥彦山自身も、北に位置する多宝山(634m)との双耳峰である。

一連の山と共に佐渡弥彦米山国定公園に指定されている。
新潟県内の広い地域から見ることができ、弥彦神社の祭神を祀った山として、古くから人々の崇敬を集め、山全体が弥彦神社の神域となっている。英彦山、雪彦山と共に日本三彦山と呼ばれる。

海岸よりいきなり突き出した山容をしており、かの深田久弥も著書日本百名山の後書きにて「名山には違いないが絶対的な標高が足りなかった」と述べたように、標高の割に非常に秀麗な山容をしている。

徒歩での登山であれば弥彦神社の参道に登山口がある。地元の小学生でも登る山であるが、途中に岩場などの難所もある。
山稜には『弥彦山スカイライン』(新潟県道561号弥彦岩室線、冬期間は閉鎖)が通り、また、東側には麓から山頂付近まで弥彦山ロープウェイも架けられており容易にアクセスが可能である。

周辺には弥彦神社の奧社(御神廟)がある。山頂からは日本海や越後平野を一望することができ、佐渡島に沈む夕日は秀逸である。

彌彦神社の御神廟は縁結びの名所として知られる。

関連パワースポット:


コメントを残す