弥山(御山神社)

himeji

弥山(みせん)は広島県廿日市市宮島町の宮島(厳島)の中心にそびえる山。

古来から山岳信仰のある厳島、その霊山弥山には数々の神聖ないわれのある霊跡が残り、世界遺産に指定された手つかずの貴重な自然「弥山原始林」が残っている。

「瀰山原始林(弥山原始林)」は暖温帯性針葉樹のモミと南方系高山植物ミミズバイの同居やヤグルマの群落など、特異な植物・植生の分布が見られる。

山頂付近には御山神社(みやまじんじゃ)、山頂付近から山麓にかけては大聖院の数々本お堂、裾野には厳島神社を配し、信仰の山とし古くから参拝者が絶えない。

空海が唐から帰国した翌年に、宮島に立ち寄り、護摩を焚き100日間に及ぶ求聞持(ぐもんじ)の秘法を修し弥山を基した、とされる。頂上の霊火堂には、その時使った霊火が、「消えずの火」として1200年経つ現在も燃え続けている。

宮島ロープウエー獅子岩駅(山頂駅)には、「恋人の聖地」のモニュメントがあり、二人の絆を深める「誓いの火」がある。

山岳信仰のメッカだった安芸(あき)の宮島にある弥山は、類まれな強力パワースポットだ。

大きな地図で見る

関連パワースポット: