引手力命神社(大瀬神社)

himeji

引手力命神社(ひきてちからのみことじんじゃ、ひきたぢからのみことじんじゃ)は、静岡県沼津市西浦江梨の大瀬崎にある神社。
今日では大瀬神社(おせじんじゃ)と呼ばれることが多く、他に大瀬明神(おせみょうじん)などとも称される。

祭神は引手力命(ひきたぢからのみこと)とされているが、全国の主な式内社とされる神社でこの名前の神を祀るものは他に見られない。

これを古事記や日本書紀にも登場する天手力雄(男)命に比定する説もあるが、一般に天手力雄(男)命が山の神とされているのに対して引手力命は海の守護の神であり、必ずしも定かではない。
駿河湾漁民の信仰の象徴で、海の守護神と知られている。

創建時期は不明であるが、一説には白鳳13年(684年)に発生した大地震に伴って海底が突然三百丈余も隆起して「琵琶島(びわじま)」と呼ばれる島が出現したため、同時期の地震で多くの土地が海没した土佐国から神が土地を引いてきたのだ、と考えた人々がここに引手力命を祀ったのが最初、とも言われる。
「琵琶島」はやがて砂洲の形成により陸繋島となり大瀬崎となった。

伊豆七不思議の一つに引手力命神社の神池がある。海に近いため荒れた日には海水が吹き込むこともあるが、淡水池でコイやフナ、ナマズなどの淡水魚が生息している池である。

神池は国の天然記念物の「ビャクシンの樹林」に囲まれている。

関連パワースポット:


コメントを残す