川越氷川神社

himeji

氷川神社(ひかわじんじゃ)は、埼玉県川越市宮下町にある神社。

太田道灌以来、川越の総鎮守とされ歴代川越藩主の篤い崇敬を受けた。
川越氷川神社は1500年以上前に鎮座され、親しみを込めて「お氷川さま」と呼ばれている。

関東三大まつりで国の重要無形民俗文化財である川越祭り(川越氷川祭)は元々氷川神社の例大祭である。

敷地内に、結婚式場である氷川会館がある。 埼玉県内では唯一の神社隣接の専門結婚式場として大変人気である。
また、結婚式のなかで行われる誓いの儀式「結い紐の儀」は川越氷川神社独自の儀式として商標登録もされている。

埼玉県さいたま市大宮区の氷川神社と区別するため、川越氷川神社と称されることもある。
なお、川越市内に氷川神社は当社を含めて14社ある。

素戔嗚尊・奇稲田姫命・大巳貴命・脚摩乳命・手摩乳命。2組の夫婦神が鎮座していることから古くから縁結びの神様として信仰されている。

毎朝8時より、持っていると良縁に恵まれるといわれる本殿の小石を縫製した縁結び玉が20体配られるため、早朝から行列が絶えない。

韓国の人気番組「私たち結婚しました」のロケ地となり「縁結びの神様」と紹介されるなど近年は外国人参拝者が非常に増え、外国語で書かれた絵馬をたくさん目にする。 

境内には戌岩と呼ばれる岩がありまるで神前に鼻先を向けている戌の姿に見えることから名づけられた岩である。
妊娠している方が触ると安産になるといわれている。

関連パワースポット:


コメントを残す