崇福寺

himeji

長崎県長崎市にある黄檗宗の寺院。大雄宝殿と第一峰門は国宝建築である。

興福寺・福済寺とともに「長崎三福寺」に数えられる。

寛永6年(1629年) 長崎で貿易を行っていた福建省出身の華僑の人々が、福州から超然を招聘して創建。中国様式の寺院としては日本最古のものである。

福建省の出身者が門信徒に多いため福州寺と称せられた。また国宝のほかにも重要文化財の三門、護法堂、媽姐堂、鐘鼓楼など唐様の伽藍は見ごたえがある。

三門は竜宮城を思わせる門なので俗に「龍宮門」といわれている

崇福寺の本堂である大雄宝殿(だいゆうほうでん)は中国で部材を切組み唐船で運ばれ正保3年(1646)に唐風の1階部分が創建された。
35年後の天和元年(1681)の頃に和風の2階部分が重層化され、中国建築と和風建築がミックスされた建物である。
本尊は釈迦如来で脇侍は迦葉(かしょう)と阿難(あな)が鎮座している。

この本尊は世にも珍しい内臓を持つ仏像で、昭和10年(1935年)頃、仏像修理の際に内部から銀製の五臓、布製の六腑等が発見されました。
内臓模型を入れるのは『生き身の釈迦』としてインドに伝説があるという。
金属製の内臓を持つのは、わが国の仏像としてはとても珍しい。

扁額(へんがく)により寛永21年(1644)頃に創建されたと推定されているが、現存の建物は1階部分は唐で作成し船に積んで日本に持ち込み元禄9年以降に組み立てたと推定されている。

関連パワースポット:


コメントを残す