宮地嶽神社

himeji

恋木神社は、福岡県筑後市の神社。水田天満宮の末社として建立当初より鎮座する恋木神社は、全国でも珍しい恋命を祭神とする神社。

恋木の「木」は東を意味しており、太宰府に左遷された菅原道真公が、遠い京の都の天皇や妻子を想っておられたその心を慰めようとして祀られたという。

「良縁成就の神様」「幸福の神様」として恋愛や良縁を祈願しに多くの男女が訪れている恋木神社には、恋みくじや絵馬、お守りなどの恋愛に関するグッズも充実。
境内には、恋木神社の御霊験で2本の楠の木が和合した「御縁楠」や今上天皇ご成婚記念の「夫婦楠」もある。

恋参道やハート型の水田焼の陶板やハートモチーフを配した「恋木鳥居」がある他、2月・3月と10月・11月は、おみくじの色がピンクに変わる。

夫婦雛や幸福一位の木など、幸福のご利益が授かるというパワースポットもある。また、入口の恋木鳥居で10個のハートを見つけると良縁に恵まれるご利益があるという。

「恋愛の神様」として親しまれ、若い女性を中心に連日参拝客が訪れる
人気のスポットとなっている。

大きな地図で見る

関連パワースポット: