宝登山神社

himeji

宝登山神社(ほどさんじんじゃ)は、埼玉県秩父郡長瀞町の宝登山山麓にある神社である。

秩父神社、三峯神社と並ぶ秩父三社の一つ。神日本磐余彦尊(神武天皇)、大山祗神、火産霊神を祀る。

宝登山神社伝によれば、第12代景行天皇の41年(111年)皇子日本武尊が勅命によって東国平定の時、遥拝しようと山頂に向っている折、巨犬が出てきて道案内をしてくれた。その途中、東北方より猛火の燃えて来るのに出遇い、尊の進退はどうすることもできない状態になってしまった。

その折巨犬は猛然と火中に跳入り火を消し止め、尊は無事頂上へ登り遥拝することができた。
尊は巨犬に大いに感謝したところ、忽然と姿を消した。
このことから「火止山」の名が起きたという。

また巨犬は大山祇神の神犬であった事を知り、また防火守護のため火産霊神を拝し、その後山麓に社殿を建て三神を鎮祭し、これが宝登山神社の起源であると伝えられる。

霊場として崇められた後に宝珠が光り輝き山上を飛翔した神変が起こったとして「宝登山」といわれるようになった。

火災盗難よけ、諸難よけの守護神としての御神徳が高く、関東一円からの参拝者は年間100万余を数える。

御社殿は江戸時代末から明治初頭に造り替えられた本殿、幣殿、拝殿よりなる権現造りである。欄間には「二十四孝」をはじめ多くの彫刻が施されている。

家内安全・商売繁盛・火防盗賊除け・交通安全・金運招福のご利益がある。

関連パワースポット:


コメントを残す