宝来宝来神社

himeji

宝来宝来神社(ほぎほぎじんじゃ)は熊本県阿蘇郡南阿蘇村の神社。宝くじ祈願・開運祈願で知られる。金運の神様が勢揃いしている。宝くじに当銭した参拝者からの寄付が集まり、建立されたという。

神聖なパワースポットに似つかわしくない、なんとも”現金”な願いをかなえてくれる神社がある。
その名も宝来宝来(ほぎほぎ)神社。ネーミングからもハッピーな雰囲気が漂う。

ご利益はズバリ、宝くじの当せん。参拝者から「3億円当たった」と、お礼の手紙が届いたことでも話題になっている。億単位とまではいかなくても、「10万円」程度のボーナス級の当せんはザクザク出ているという。

この神社がある場所は、もともと未開の山。ヘリポートの建設を行っていたところ、造成の最中に岩にぶち当たったため、ある作業員が破壊してそのまま工事を進めようとした。

すると、夢の中にその岩が登場し「生活費を稼ぐために私を壊すなら、宝くじを買いなさい。そして当せん金の一部で私を祭ってくれ」と告げられたという。

作業員が半信半疑で宝くじを購入したところ、見事に当せん。その話を聞いた友人が岩を拝むと、こちらも宝くじで大金が当たったという。以来、神が宿る岩として「当銭岩」と呼ばれるようになり、当せんした参拝者の寄付により神社が建てられたそうだ。

大きな地図で見る

関連パワースポット: