宍道湖(宍道湖うさぎ)

himeji

宍道湖(しんじこ)は、島根県松江市、出雲市にまたがる湖。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。日本百景。

外海からは境水道、中海、大橋川を介して接続、つまりかなり隔たっているが、それでも淡水湖ではなく汽水湖となっている。

島根県東北部に位置する。面積は日本国内で7番目、島根県内では鳥取県境に位置する中海に次ぎ、2番目に大きな湖である。形状は東西に長い長方形。東西約17km、南北約6km、周囲長47km。湖の面積の約5割が水深5m以上であり、湖底はほぼ水平となっている。

底質は沿岸部の100~200mが砂や砂質泥、それ以外は大部分が泥である。透明度は1.0mと悪く富栄養化が進んでいる。湖内に位置する島は、嫁ヶ島だけである。

1951年、松江市が宍道湖十景を選定した。
内容は、松江城の雪、天倫寺の晩鐘、秋鹿の出雲富士、一畑寺の月、平田の愛宕山の秋色、宍道の宿の夕鴨、玉造灘の春霞、嫁ヶ島の残照、白潟沖のえびかがり、大橋の朝霧である。
宍道湖は湖内の漁獲量の約9割を占めるシジミ漁で有名である。

湖畔にある島根県立美術館に12匹の宍道湖うさぎが並んでいて、12匹のうち湖から2番目のうさぎを西に向きながら触れば幸運が訪れるといわれている。またこの時にシジミをお供えするとより効果があるとされている。

関連パワースポット:


コメントを残す