安土城跡

himeji

安土城(あづちじょう)は、織田信長が琵琶湖東岸の安土山(現在の滋賀県近江八幡市安土町下豊浦)に建造させた城(山城)である。

城址は国の特別史跡で、琵琶湖国定公園第1種特別地域である。

安土城は、織田信長によって、現在の安土山に建造され、大型の天守(現地では「天主」と表記)を初めて持つなど威容を誇った。

建造当時は郭が琵琶湖に接していた。(昭和期に干拓が行われたため、現在は湖岸からやや離れている。) 安土城建設前の安土山(目賀田山)には、当時明智光秀の配下で、近江守護佐々木氏に仕えた目加田(目賀田)氏の居城である目加田(目賀田)城があった。

1582年(天正10年)、家臣明智光秀による信長への謀反(いわゆる本能寺の変)の後まもなくして何らかの原因によって焼失し、その後廃城となり、現在は石垣などの一部の遺構を残すのみだが、当時実際に城を観覧した宣教師ルイス・フロイスなどが残した記録によって、焼失前の様子をうかがい知ることができる。

この城を築城した目的は、岐阜城よりも京に近く、琵琶湖の水運も利用できるため利便性があり、加えて北陸街道から京への要衝に位置していたことから、「越前・加賀の一向一揆に備えるため」あるいは「上杉謙信への警戒のため」などと推察されている。

城郭の規模、容姿は、太田牛一や宣教師の記述にあるように天下布武(信長の天下統一事業)を象徴し、一目にして人々に知らしめるものであり、山頂の天主に信長が起居、その家族も本丸付近で生活し、家臣は山腹あるいは城下の屋敷に居住していたとされる。

関連パワースポット:


コメントを残す