大阪天満宮(天満天神)

himeji

大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)は、大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。

別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。

毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。

901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。

949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。

現在の本殿は、天保14年(1843年)に再建された物である。
この大阪天満宮は、江戸時代の記録に残るだけで七度もの火災に遭い、なかでも大阪市中を焼き尽くした享保9年(1724年)の妙知焼けや、大塩平八郎の乱による天保8年(1837年)の大火では、全焼した。
その約6年後に、大阪市中の氏子や崇敬者又献身的な奉仕者によって、現在の本殿が再建された。

菅原道真が祭神である大阪天満宮は学業成就として有名で、受験シーズンになると多くの受験生、その家族が合格祈願に来る。

境内にあるえびす門近くの青銅牛の頭を撫でると頭が良くなるといわれている。

ご利益は学業成就・縁結び・合格祈願である。

関連パワースポット:


コメントを残す