大聖院(弥山大聖院)

himeji

岩屋山は、広島県尾道市の山。尾道の代表的な寺三山(浄土寺・西国寺・千光寺)をはじめとする多くの寺社がこの山を向いている。

大聖院(だいしょういん)は広島県廿日市市宮島町にある真言宗御室派の大本山の寺院。

宮島で最古の歴史を持つ寺院であり、厳島神社の別当寺として祭祀を司り、社僧を統括してきた寺院である。観音堂本尊の十一面観世音菩薩、勅願堂本尊の波切不動明王のほか、三鬼大権現、七福神、一願大師など数多くの仏像が安置されている。

大聖院は中国三十三観音第十四番札所、山陽花の寺二十四か寺第一番札所や、広島新四国八十八ヶ所霊場第八十七番札所でもあり、紅葉の名所でもある。

大聖堂までの階段には、一回まわすと経文を唱えた事とする「マニ車」が並ぶ。

当院の草創については定かでない。伝承では、大同元年(806年)に空海が宮島に渡り、弥山(みせん)の上で修行し開基したといい、鳥羽天皇勅命の祈願道場となったという。ただし、空海と宮島の結びつきは、史実としては確認できない。

古くは「水精寺」と称し、安元3年(1177年)の「伊都岐島水精寺勤行日記注進状案」及び同年の「太政官牒案」に「水精寺」と見えるのが文献上の初見である。なお、この頃の水精寺は宮島島内ではなく、対岸の本州側にあったと考えられている。

1887年(明治20年)の火災で大部分の堂宇を焼失し、現在ある堂宇はその後整備されたものである。

大きな地図で見る

関連パワースポット: