大洗磯前神社

himeji

神社のパワースポット大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)は茨城県大洗町にある神社。中世には荒廃したが近世に復興した、古代からの大社である。「因幡の白兎」伝説と縁のあり、兎の形のお守りがある。

祭神の大己貴命は世にだいこく様とも言われ慈悲深く福徳を授ける神として、少彦名命は医学の祖神と仰がれ民を救う神として信仰されております。

国造りの大神、医薬の大神と称えられる大己貴命(大国主神)、好彦名命を祀る当社は、「福徳円満、家内安全、商売繁盛、農業、漁業、知徳剛健の神」として民衆の信仰篤く、氏子の人々には親愛の情を込めて「大洗さま」と呼びならわされている。

本場磯節においても「磯で名所は大洗様よ松がみえますほのぼのと」と歌われ親しまれている。

海に面した岬の丘に立っていて、参道の石段を登り振り返ると、まっすぐ海へと続いていて気持ちのよい空気を味わえる。
海岸へ出ると、神が降臨したという海上の磐座の上に「神磯の鳥居」があり、シンボルになっている。ここがパワースポットだ。

ひたちなか市の酒列磯前神社と二社でひとつの信仰をなしている。

大きな地図で見る

関連パワースポット:


コメントを残す