大山寺(大山寺圓流院)

himeji

山岳信仰の対象であった大山が寺として本尊地蔵菩薩を両部習合の習しにより大智明大権現となり、今からおよそ1100年ほど前に天台宗に列し一大霊場となる。

戦国乱世の世にあってもその勢力を保ち、江戸時代には3000石の寺領を得て、中国地方の屈指の大道場として法灯を守ってきた。

しかし、明治初期の神仏分離により大山寺号が廃止され急激に頽廃するにいたり、往時の姿は失われ、そここに残された石垣や屋敷跡から当時の隆盛の姿を知ることが出来る。

養老2年(718年)金連上人により開創せられ、地蔵菩薩を本尊として祀る。慈覚大師が引声阿弥陀経を伝え、貞観年間に天台宗に列す。
承安年間に本堂焼失、豪族紀成盛によって再興する。大永年間は諸堂ことごとく焼失。天文21年(1552年)常行堂再建にはじまり諸堂も復旧される。

その後尼子、毛利氏の多大な寄進を受けるが、僧規の乱れが衰運を兆しはじめた。
徳川時代に至り豪円によって寺門の興隆がなされ、家康公に請願して慶長19年(1614年)3000石の寺領を得て、三谷四十二坊の制をしき寺勢を回復する。

宝永7年(1710年)より日光宮公辯法親王学頭に就任し、日光宮の大山寺御兼摂となり本坊西楽院に留守居僧を派遣されることになる。
明治維新に至り戊辰の影義隊はたまたま大山寺主職たる日光宮北白川能久親王を擁したため、一時朝敵なる地位にたち、対立していた鳥取藩は王政復古の流れに乗じて大山寺一山寺院に苛列な処分をなす。

明治4年大政官布告により寺領は没収され、本尊を大日堂に移し内務郷の許しで寺門を維持し、明治36年寺号復活なるも七堂八社四十二坊も三堂十坊となる。

境内にある牛の銅像に、ひとつの願いを込めて撫でると願いが叶うといわれている。
また、「天の真名井」や「本宮の泉」などの名水が癒しを与えてくれる。

関連パワースポット:


コメントを残す