大国魂神社(大國魂神社)

himeji

大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)は東京都府中市にある神社である。
武蔵国の総社で六社を合祀しており、特に格式の高い「東京五社」の一つとなっている。「大国魂神社」と表記される場合もある。

景行天皇41年(111年カ)5月5日に創建と伝えられ、源頼朝が妻の安産祈願をし、また源頼義と義家が奥州戦に向かう際に戦勝祈願をするなど、由緒ある神社。

例大祭は、関東三大奇祭の一つであるくらやみ祭りとして有名であり、境内には結婚式場が建造されているなど、縁結びの神としても知られている。
鉄道駅から近い市街地の中心部に位置するにもかかわらず、緑の杜に囲まれた神社である。

境内地は、かつての武蔵国の国府跡で、境内地と市道を挟んで東側の市有地が「武蔵国府跡(武蔵国衙跡地区)」として国の史跡に指定されている。
東側市有地は「武蔵国衙跡地区」として整備されており、柱跡が表示され、展示室が設けられている。
本神社は府中宿の中心部近くにあり、大鳥居から武蔵国分寺や武蔵国分尼寺まで道が整備されていた。

大国魂神社は、明治神宮や日枝神社、東京大神宮、靖国神社と並んだ、東京五社の一つにはいるパワーの強い神社であり、もっともパワーの強いポイントは、鳥居の両脇の大木や鶴石、亀石、本殿前、本殿裏のご神木といわれている。

東京都指定無形民俗文化財とされている例大祭の「暗闇祭(くらやみ祭)」は新撰組の土方歳三も参加したと言われている祭りである。
昔は武蔵国の国府で行われた国府祭に由来し「武蔵国府祭」とも呼ばれていた。

関連パワースポット:


コメントを残す