地獄谷野猿公苑

jigokudaniyaenkouentop

アクセス

交通: 信州中野IC 292号線 上林温泉から徒歩30分で地獄谷
住所: 長野県高井郡山ノ内町平穏6845

歴史

長野県の北部にある、志賀高原を源とする横湯川の渓谷に位置していて、山の高さは850メートルと1年の3分の1が雪に覆われているほどの寒さの厳しい環境で急な崖や、いたるところから温泉の湯気が出ているので、太古の時代から人々は地獄谷と呼んでいた。この環境は、猿には楽園でニホンザルの群れが(約250頭の野生)自然に集まり暮らしている。
地獄谷の地層は、マグマが冷え固まった石英閃緑岩(せきえいせんりょくがん)からなっている。そこの層から、湧き出し温泉になっている。地獄谷噴泉と言って国の天然記念物となっている。天明3年(1783年)に浅間山の大爆発で噴泉が止まったと言われているが、今現在も常に100度近い温泉が湧き出している。
1964年の(昭和39年) 6月3日に地獄谷野猿公苑が設立された。りんごや畑に作ったものが猿の被害にあっていて、一時期有害獣で殺すようになっていたが、かわいそうなので、猿がお腹いっぱいに満たしていたら、被害がないからといってつくられた。
オリンピックなどで日本の人にも知られていき、今現在では海外の人も多く観光に来る割合の4割(最大)が外国人が来ていたりして、有名になっている。

ご利益

  • 9つの温泉に入ることで苦労を流す(苦労がなくなる)
  • 厄除け
  • 安産育児
  • 不老長寿
  • 満願成就

ポイント

山道をしばらく歩くので汚れても良い服や運動靴、登山靴を使用することで、疲れを軽減し、あしが痛くならないようにしたりします。それに加え水も多いため、防水仕様の靴がもっとも良いです。一年の3分の1が雪がある所なので、真冬の格好で過剰なくらいを防寒して脱ぎ着のできる厚めの服を用意してから行くのがいいです。忘れず用意してから行ってください。衛生上サル用のお風呂と人間用のお風呂が分けてあるので、近くで見るぶんには大丈夫ですが、入ったりしないようにしてください。
サルがかわいいからといって触りに行ったり極端に近づいたり、餌付けをしないことで危険を避ける。距離を置いて見たり、写真撮ったりして楽しみましょう。サルの目をジッと見たり、話しかけたりすると襲ってきたりする可能性があるので、これらの事はやめましょう。
9つの温泉に入る事でいろいろなご利益も増えてくるので疲れをとったりしながらゆっくり温泉につかりたくさんのご利益をもらいましょう。

地図


関連パワースポット:


コメントを残す