四柱神社

himeji

四柱神社(よはしらじんじゃ)は長野県松本市大手に鎮座する神社である。地元では、「しんとう(神道)さん」と呼ばれている。

天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、天照大神を祭神とし、4柱の神を祀ることから四柱神社という。
よく「しはしらじんじゃ」と間違えて呼ばれる。全ての願いが叶うという意味で「願いごとむすびの神」として全国各地から信仰が篤い。

建物は明治21年に松本大火で消失し、大正13年に再建されたものである。
宇宙創造の根元の神様を祀る数少ない神社。昭和27年出雲大社・美保神社より勧請され、昭和50年に現在の社殿に鎮座された。

御祭神の大国主神・事代主神は種々の産業の祖神、殊に農家では五穀豊穣の神として、また商家では商売繁昌の神として信仰をあつめる。願いごと結びの神としても崇敬を集め、拝殿前には11種の願串が置かれる。

鳥居の前の通りは、「縄手(なわて)通り」と言って、川に沿う形でお土産物屋さんが数多く建ち並んでいる。
昔、松本城を築城するとき、外堀の外側を縄を張って測量した。そこから堀に沿って作られた細い道が「水縄手道」と呼ばれ、それが現在「縄手(なわて)通り」として残っている。

またすぐ近くには松本城(まつもとじょう)があり安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されている。松本城と呼ばれる以前は深志城(ふかしじょう)といった。市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれている。

姫路城、彦根城、犬山城とともに、四つの国宝城郭のひとつで、パワースポットとしても人気である。

関連パワースポット:


コメントを残す