名古屋城

himeji

名古屋城(なごやじょう)は、尾張国愛知郡名古屋(現在の愛知県名古屋市中区・北区)にあった城郭である。金の鯱があるところから、金城、金鯱城ともいわれ、尾張名古屋は城で持つと歌われるほどの美しい城で名古屋の象徴的存在の建造物。日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されている。

美しく荘厳なその姿は、見ているだけでも大きなパワーを得ることが出来る。
風水的に見ても四神相応の土地であり、家内安全・長寿・身体健全・商売繁盛・子孫繁栄などに効果のある強力なパワースポットと言える。

名古屋城の象徴ともいえる金鯱は、名古屋城天守が竣工した当時、一対で純金にして215.3kgの金が使用されたといわれている。高さは約2.74メートルあった。
現在の金鯱は復元されたもので、復興天守建造の時、日本国内に数えるほどしか残っていなかった鎚金師で大阪造幣局職員の手により製造された。一対に使用された金の重量は88kgである。

また、石垣にもパワースポットがあり、石垣工事を竣工した加藤清正が、防備を誇示するために自身が運んで組み入れたとされる「清正石」がある。
実際は黒田長政の丁場であったため清正の話は伝説とされているが、巨石の持つ自然のエネルギーと、当時石垣工事に関わった人たちの想いのエネルギーを感じることが出来るパワースポットとして人気。

関連パワースポット:


コメントを残す