加佐の岬

himeji

加佐の岬は、石川県の加賀海岸で最も日本海に突き出した岬。岬の先端からは日本海を展望する景勝地である。富士山、御嶽山、白山という日本の三大信仰山の延長線上にある霊的ポイントに位置する。

また加賀の真言宗別格本山である那谷寺もその線上にある。これは偶然ではないだろう。

岬も断崖絶壁で、その景観はビジュアル的にもいいのだろうか、時々テレビのロケでも使われ放映されているところである。

加佐の岬に降りるためには、少し急な階段を歩かねばならない。行きは下りなのでいいのだが、帰りは少し息が切れるほどだ。そんなときは、加佐の岬の駐車場の隣にある、「加佐ノ岬倶楽部」でお茶でもするのがいいかもしれない。

「加佐ノ岬倶楽部」は、カフェとギャラリー、それにSeeGardenがある。ギャラリーは硲伊之助美術館も兼ねており、硲伊之助の数々の作品を見ることが出来る。色絵陶磁や油絵を中心に展示している。

カフェとギャラリーの建物は古い民家を移築したシックな造りとなっていて、とても落ち着いて鑑賞できるのが嬉しい。時々、クラッシックのコンサートや、ヒップホップのダンスレッスンなども行われているようである。また、SeeGardenは、「加佐ノ岬倶楽部」のオーナーの息子さんがやっっているガーデニングのお店だ。

大きな地図で見る

関連パワースポット:


コメントを残す