六甲山

himeji

六甲山(ろっこうさん)は、兵庫県南東部、神戸市の市街地の西から北にかけて位置する山塊。瀬戸内海国立公園の区域に指定されている。日本三百名山の一つ。

古代から巨石信仰があったという説もあり、六甲山周辺には数多くの巨石や磐座を見ることが出来る。三国岩の岩門、「天の穂日」の磐座、心経岩、雲ヶ岩などの岩以外にも、布引の滝、摩耶の大杉、穂高湖、などの自然のパワーを得られるスポットに溢れている。
阪神タイガースの応援歌として有名な「六甲おろし」も「六甲」のパワーを歌っているといわれる。

六甲山上からの眺望は開けた景色を望むことができ、西の明石海峡大橋や淡路島、その海岸線に迫る六甲山系が見てとれ、南には金剛山や泉州地域の海岸線、紀伊水道の友ヶ島なども望める。

東には生駒山や阪神平野一帯の眺望が可能で、淀川や大阪市内もはっきりと見ることができる。また直下には神戸の市街地や臨海地帯が迫って見えることもあり、その山上からの高低差とスケール感のある広角な視界が得られることにより大変みはらしの良い眺望が可能で、多くの観光客が訪れるスポットである。

下界を見下ろせる所々には展望台が設置されており六甲山から見下ろす夜景は日本三大夜景の一つとされている。

大きな地図で見る

関連パワースポット: