住吉大社

himeji

住吉大社(すみよしたいしゃ)は、大阪府大阪市住吉区住吉にある神社。

全国に約2,300社ある住吉神社の総本社であるほか、下関の住吉神社、博多の住吉神社とともに日本三大住吉の一社。

また毎年初詣の参拝者の多さでも全国的に有名である。

住吉大神宮(すみよしのおおがみのみや)ともいい、当社で授与される神札には「住吉大神宮」と書かれている。また、地元では「すみよしさん」あるいは「すみよっさん」と呼ばれる。

紫式部『源氏物語』には明石の君に関連した重要な舞台として描かれている。また『一寸法師』は子宝に恵まれなかった初老の夫婦が住吉大社に参り、子供を出産し、その子供が住吉津から細江川を下って大阪湾に出、淀川をのぼり、京都へ向う話である。

主祭神は底筒男命(そこつつのをのみこと)、中筒男命(なかつつのをのみこと)、表筒男命(うはつつのをのみこと)、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)の4柱で、住吉大神と総称され海の神として信仰される。
海の旅路の安全を祈ったとされていて、現在では商売繁盛の御利益があると多くの人に信仰されている。

末社には侍者社(縁結び・安産)、大歳社(収穫・家内安全・幸福)、浅沢社(芸能・美容)など様々な末社が境内に招かれている。
住吉大社の太鼓橋は明治時代まで神様だけが渡ることが許されていた橋であり、今では橋を渡ると「おはらい」になるとされている。

祈願成就の試し石、おもかる石もあり持ち上げた際に軽く感じれば願いが叶い、重く感じれば叶わないといわれている。

ご利益は縁結び・商売繁盛・海上安全・渡航安全・家内安全である。

関連パワースポット:


コメントを残す