五色沼(北塩原村)

himeji

五色沼(ごしきぬま)とは、磐梯山の北側、裏磐梯と呼ばれる地域にある大小数十の湖沼群。緑、赤、青、様々な色の沼があり、磐梯朝日国立公園に指定されている。

コバルトブルーの瑠璃沼や、磐梯山の眺めがよい毘沙門沼、水中植物が美しい模様を描く弁天沼のほか、赤沼、青沼、深泥沼(みどろぬま)など、様々な不思議な湖沼の風景を眺めることができる。

青緑色に光る五色沼最大の毘沙門沼からは、磐梯山の荒々しい火口壁を目にできる。毘沙門沼から望む磐梯山は裏磐梯を代表する景観の一つ。

1888年7月15日、磐梯山北側にあった小磐梯山が小規模な水蒸気爆発によって山体崩壊・岩屑なだれを起こし崩壊した山体が川をせき止め、数百の湖沼が出来た。

流入している火山性の水質の影響や、植物・藻などにより、湖沼群は緑、赤、青などの様々な色合いを見せることが名称の由来である。

爆発の土砂・岩によって荒れた地域を観光地として再生させようと、遠藤現夢が私財を叩いて植林をしたのが始まり。
五色沼入口バス停のところに裏磐梯ビジターセンターがあり、歴史的な写真や模型による全体像などの展示がある。
散策路も整備されており、レンタルでボートに乗れる沼もある。

五色沼は1年通しても凍らないと言われていて、謎の多い沼だ。

大きな地図で見る

関連パワースポット: