事任八幡宮

himeji

事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)は、静岡県掛川市八坂にある神社。式内社で、遠江国一宮。旧社格は県社。
旧東海道沿いの、日坂宿(にっさかしゅく)および小夜の中山の西の入口にある。

当社と諏訪大社、特に下社春宮(長野県諏訪郡下諏訪町)、および修験道場として名高い戸隠山(長野県長野市)は、ほぼ南北一直線上にある。

主祭神は己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)で忌部の神である玉主命(たまぬしのみこと)の娘で、中臣の祖である興台産命(こことむすびのみこと)の后である。また、天児屋根命(あめのこやねのみこと)の母でもある。

ことのまちの「こと」は「事」でもあり「言」でもあります。また「まち」は「麻知」でも「真知」でもあります。真を知る神、言の葉で事を取り結ぶ働きをもたれる神様として、また、言の葉を通して世の人々に加護を賜う「ことよさし」の神として崇敬されている。天と地と人を結ぶとされる神。

近隣を通る国道1号日坂バイパスの「ことのままトンネル」は事任八幡宮から命名された。
東海道沿いにあって、難所であった小夜の中山の西側の麓にあたることや、「ことのまま」の名が「願い事が意のままに叶う」の意味を持つことから、多くの人が旅の安全や願い事成就を祈るため立ち寄り、また江戸幕府も朱印高百石余りを献上するなど崇敬を集めた。

また古くから多くの書物がこの社のことを記しており、平安時代には清少納言の「枕草子」や多くの和歌、鎌倉時代には吾妻鏡、江戸時代には十返舎一九の「東海道中膝栗毛」などに「願い事が叶う神社」として登場している。

関連パワースポット:


コメントを残す