中禅寺湖

himeji

中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)は栃木県日光市の日光国立公園内にある栃木県最大の湖。日本の湖沼では25番目の面積規模を有する

2万年前に男体山の噴火でできた堰止湖。人造湖を除く広さ4k㎡以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖である。

また、栃木県最大の湖である。湖のすぐ北には男体山がそびえ、北西には戦場ヶ原が広がる。湖の南側には八丁出島と呼ばれる細長く突き出した半島がある。
782年に男体山の登頂した勝道上人が中禅寺湖を発見したといわれ、1876年に明治天皇が「幸の海」と名付けた。
北には男体山、北西には戦場ヶ原、南には八丁出島がある。

従来魚はいなかったが、日光二荒山神社の記録によると1878年(明治11年)、西欧魚類の放流および養殖が開始され、日本有数の釣り場となったとある。

明治中期から昭和初期にかけて、同湖周辺には欧米各国の大使館別荘が建設され、各国の外交官たちが避暑に訪れるリゾート地となる。

第二次世界大戦の影響で一時衰退するが、戦後、いろは坂の開通でアクセスが容易になり、春の新緑や秋の紅葉など観光地として人気を博している。
湖畔には現在もフランスやベルギーなどの大使館別荘がある。

湖畔には日光二荒山神社中宮祠、日光山中禅寺(立木観音)、中禅寺温泉、キャンプ場などがあり、定期の遊覧船も出ている。

関連パワースポット:


コメントを残す