下呂温泉

himeji

下呂温泉(げろおんせん)は、岐阜県下呂市(旧飛騨国益田郡)にある温泉。

延喜年間から天暦年間の頃に、現在の温泉地から離れた場所である、湯が峰の山頂付近に温泉が湧出したのがはじまりである。

文永2年(1265年)に山頂からの湧出は止まったが、現在の温泉地である益田川の河原に湧出しているところを発見された。このことは開湯伝説における白鷺伝説として伝わる。温泉地は飛騨川の氾濫の度に壊滅的な被害を受けてきたが、その度に復興してきた。

また、「下呂」の名前は昭和以降に使われ始めた名称で、それ以前は「湯之島」と呼ばれていた。この「下呂」の名の起源は律令時代に遡り、駅伝に用いられた「下留」駅が、時代が下って音読みする様になり、転じて現在の音と表記になった。

下呂市中央部の下呂地区に位置し、益田川に沿って温泉街が展開する。
傷ついた一羽の白鷺が飛騨川の河原から湧き出す温泉の場所を知らせたという「白鷺伝説」が残され歴史が永い。

江戸時代の儒学者、林羅山が草津・有馬・下呂が名泉であると記しことから「日本三名泉」の一つに数えられている。
入浴すると肌がスベスベして名泉を実感できる。温泉街には足湯と温泉入浴施設が点在し、立ち寄り湯も可能。下呂温泉合掌村や下呂発温泉博物館などの見所がある。

大きな地図で見る

関連パワースポット: