上一宮大粟神社

himeji

上一宮大粟神社(かみいちのみやおおあわじんじゃ)は、徳島県名西郡神山町にある神社である。旧社格は郷社。

式内名神大社・阿波国一宮の「阿波國名方郡 天石門別八倉比賣神社」の論社の一つである。新四国曼荼羅霊場第七十三番札所。

大宜都比売命(おおげつひめのみこと)を主祭神とする。ここでは、大宜都比売命のまたの名を天石門別八倉比売命(あまのいわとわけやくらひめのみこと)あるいは大粟比売命(おおあわひめのみこと)としているが、資料によっては天石門別八倉比売命・大粟比売命は配祀神であるとしている。

社伝によれば、大宜都比売神が伊勢国丹生の郷(現 三重県多気郡多気町丹生)から馬に乗って阿波国に来て、この地に粟を広めたという。

延喜式神名帳に記載される名神大社「阿波國名方郡 天石門別八倉比賣神社」の論社の一つである。天石門別八倉比賣神社は神亀5年(728年)に聖武天皇の勅願所となり、元暦2年(1185年)には正一位の神階を授けられた。平安時代には、現在の徳島市一宮町に当社の分祠として一宮神社が創建された。

明治3年(1870年)、社名を「埴生女屋神社」と改められたが、氏子の請願により、明治28年(1895年)に現在の上一宮大粟神社となった。
五穀豊穣、商売繁盛、所願成就のご利益があるとされる。

関連パワースポット:


コメントを残す