三上山

himeji

三上山(みかみやま)は滋賀県野洲市三上にある山。一般には近江富士として知られる。標高432m。
ふもとには御上神社や滋賀県希望が丘文化公園がある。

平野部の残丘であるため標高の割には目立ち、琵琶湖をはさんだ湖西からでも望める。南西部を野洲川が流れる。

登山道は西側に表登山道と裏登山道が、東側に花緑公園側登山道がある。
「古事記」「延喜式」にも記述が見え、また和歌にも詠まれた由緒ある山である。

「打ち出でて 三上の山を 詠れば 雪こそなけれ 富士のあけぼの」

と紫式部が詠んだように近江富士という愛称がある

藤原秀郷(俵藤太)による大ムカデ退治伝説が残ることから「ムカデ山」の異名も持つ。三上山を7巻半も出来るほどの大ムカデが棲んでいて、藤原秀郷(俵藤太)が八幡神に祈念した最後の1本の矢で大ムカデを退治したという伝説である。

中世以降、周囲の山々が燃料などの採取目的に伐採が続けられて、大規模にはげ山化していったが、三上山は取り残されるように青々とした山様を維持した。
このことからランドマーク的に存在感を増し、

「三上山のみ夏知れる姿かな」

と松尾芭蕉が詠んでいる。

三上山を神体山とする御上神社があり三上山に降臨した天御影(あめのみかげ)の神を祀っている。本来は刀鍛治の祖神であるが、刀を作るには火と水が必要なことから火、水を司る神とされている。

三上山を人工建造物と仮定して三上山ピラミッドと呼ぶ人もいる。

関連パワースポット:


コメントを残す