マチュピチュ

himeji

ペルーのウルバンバ谷に沿う高い山の尾根、標高約2,057メートルに位置するインカの遺跡マチュピチュは世界中で最も美しい古代遺跡の一つとされています。
マチュピチュとはケチュア語で「老いた峰」を意味します。
山裾からはその存在を確認できないため、しばしば「空中都市」「空中の楼閣」「インカの失われた都市」などと呼ばれており、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

この遺跡には3メートルずつ上がる段々畑が40段あり、3,000段の階段でつながっています。
ここでは自然の泉から湧き出る水を利用し、農作物が栽培されていました。遺跡の面積は約13平方キロメートルで、石の建物の総数は約200戸が数えられます。

インカ人が秘密の祭祀を執り行う場所として利用していたとも、太陽を観測し暦を作るために作られたとも言われているマチュピチュ。いずれにしてもインカの神を奉る宗教儀礼的な意味を持った都市であり、神聖な場所として崇められてきました。
パワースポットとしても注目を集めており、遺跡に横たわりマチュピチュの空を仰ぐようにしてみると不思議とリラックスし、力が溢れると言われています。

関連パワースポット:


コメントを残す