グラバー園

himeji

長崎県長崎市南山手町にある観光施設。

旧グラバー住宅などの洋風建築がある。
グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築している。

旧グラバー住宅は貿易商であり、グラバー商会を設立したトーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた日本最古の木造洋風建築。

三菱重工業長崎造船所を見下ろす位置にあったため1939年(昭和14年)に戦艦武蔵の建造を秘匿する目的で買収され所有が三菱重工業へと移った。
1961年(昭和36年)6月7日、主屋・付属屋が国の重要文化財に指定されている。

旧リンガー住宅
グラバー商会に勤め、ホーム・リンガー商会を設立したフレデリック・リンガーの旧邸。1966年(昭和41年)6月11日、国の重要文化財に指定。

旧オルト住宅
オルト商会を設立し、製茶業を営んでいたウィリアム・ジョン・オルトの旧邸。1972年(昭和47年)5月15日、主屋・付属屋・倉庫が国の重要文化財に指定。噴水1基が重要文化財の附(つけたり)指定となっている。

園内の石畳の中に2箇所、ハート型の敷石(ハートストーン)が埋め込まれている。
これを探し出してハートストーンに触れると恋愛が成就すると言われており、若い男女に人気のパワースポットとなっている。2つ見つけると、良いことが起きるといわれている。

ただし、広い園内だが、入園の際にもらうパンフレットの地図を見れば、見つけ出すことはあまり難しくない。

関連パワースポット:


コメントを残す