ウィルソン株

himeji

ウィルソン株(ウィルソンかぶ)は屋久島にある屋久杉の切り株。豊臣秀吉の命令により大坂城築城の為に切られたといわれる。内部に入ることができ、空を見上げると「ハート」型に見えるポイントがある。

続きを読む >>





屋久島

himeji

屋久島(やくしま)は、九州大隅半島の南南西約60kmの海上に位置する島。豊かで美しい自然が残されており、島の中央部の宮之浦岳を含む屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21%にあたる107.47km2がユネスコの世界自然遺産に登録されている。
小さな島のなかに2000mの標高差があり、南国の花々が咲き乱れる一方、厳しい氷雪もあり、北国の植物も生息している。縄文杉、ウィルソン株などの屋久杉が自生するほか、日本最北端のガジュマル林がある。
自然に囲まれた島全体がパワースポットといえる。

続きを読む >>





本栖湖

himeji

本栖湖(もとすこ)は、山梨県南都留郡富士河口湖町及び南巨摩郡身延町に跨いで存在する湖。富士五湖の一つ。お札の裏面に描かれる逆さ富士のモデルとして有名である。

続きを読む >>





中禅寺湖

himeji

中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)は栃木県日光市の日光国立公園内にある湖。日本の湖沼では25番目の面積規模を有する。2万年前に男体山の噴火でできた堰止湖で、人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖である。また、栃木県最大の湖である。
湖のすぐ北には男体山がそびえ、北西には戦場ヶ原が広がる。湖の南側には八丁出島と呼ばれる細長く突き出した半島がある。
奥日光の景勝地で明治11年(1878)には天皇も訪れていて「幸の湖」と名付けられた。

続きを読む >>





田沢湖

himeji

田沢湖(たざわこ)は、秋田県仙北市にある湖。日本で最も深い湖である。日本百景の一つ。
最大深度は423.4mで日本第一位、世界では17番目に深い湖である(世界で最も深い湖はバイカル湖)。この深さゆえに、真冬でも湖面が凍り付くことはない。そして、深い湖水に差し込んだ太陽光は水深に応じて、明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩るといわれており、そのため日本のバイカル湖と呼ばれている。
竜に姿を変え田沢湖に身を沈めた娘の話、「辰子伝説」で有名な泉が、湖の北岸にある御座石神社にある。

続きを読む >>