神橋

himeji

神橋(しんきょう)は栃木県日光市にある、中禅寺湖から華厳の滝を落ちて流れる大谷川に掛けられた朱塗りの橋。長さ28m、幅7.4m、水面からの高さは10.6m。
山間の峡谷に用いられた「はね橋」の形式としては我国唯一の古橋であり、日本三大奇橋(山口県錦帯橋、山梨県猿橋)の1つに数えられている。
橋の起源は日光開山の祖、勝道上人が急流を前にした時に「深沙大王」が現われ、青と赤の2匹の大蛇を放すと橋となり、蛇の鱗に山菅が生え、渡りやすくなったことから「山菅の蛇橋」「御橋」とも呼ばれる。

続きを読む >>





五大堂(透かし橋)

himeji

大崎八幡宮(おおさきはちまんぐう)は宮城県仙台市青葉区八幡にある神社である。 社殿は国宝に指定されており、どんと祭の裸参りで知られる。戌亥歳生まれの人からの崇敬を集めている。

続きを読む >>