剱岳

himeji

剱岳(つるぎだけ)は飛騨山脈(北アルプス)の立山連峰にある標高2,999mの山。富山県の上市町と立山町にまたがり、中部山岳国立公園内にある。旧表記は「劒嶽」。深田久弥が日本百名山に選んでいる。

続きを読む >>





大塚丘

himeji

大塚丘(おつかやま)は、山梨県富士吉田市の北口本宮冨士浅間神社の背後にある小丘。丘の登り口には鳥居が立ち、その付近に大塚碑等の石造物がある。また、丘の中心部には、山頂を背にして浅間明神を祀る石祀も残されている。
南北が約二十四m、東西が約十八m、高さは約五mの方形台状で、上部は四m四方の平坦地で、四隅にヒノキが植樹されているが、うち一本は枯死したためか残っていない。三本のヒノキの樹齢は4~500年前後と推定される。富士吉田市の天然記念物に指定されている。

続きを読む >>





谷川岳

himeji

谷川岳(たにがわだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。日本百名山のひとつ。周囲の万太郎山・仙ノ倉山・茂倉岳などを総じて谷川連峰という。
一ノ倉沢などの谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに数えられる。
谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて、中央分水嶺のために天候の変化も激しく、遭難者の数は群を抜いて多い。そのため谷川岳は「魔の山」とも呼ばれ、遭難の防止のために群馬県谷川岳遭難防止条例が制定されている。

続きを読む >>