シャスタ山

enoshimajinjatop

富士山よりもはるかに高いシャスタ山(標高4317m)は天と地を結ぶ神秘的な山といわれている。原住民であったシャスタ族に由来してシャスタ山とつけられた。コンビニで販売している水のクリスタルガイザーはシャスタ山から取られている水である。

続きを読む >>





屋久島

himeji

屋久島(やくしま)は、九州大隅半島の南南西約60kmの海上に位置する島。豊かで美しい自然が残されており、島の中央部の宮之浦岳を含む屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21%にあたる107.47km2がユネスコの世界自然遺産に登録されている。
小さな島のなかに2000mの標高差があり、南国の花々が咲き乱れる一方、厳しい氷雪もあり、北国の植物も生息している。縄文杉、ウィルソン株などの屋久杉が自生するほか、日本最北端のガジュマル林がある。
自然に囲まれた島全体がパワースポットといえる。

続きを読む >>





尖山

himeji

尖山(とがりやま、とんがりやま)は富山県にある標高559.2mの山。円錐形の形状から、ピラミッド説がある。また周辺でUFO目撃例が多いことでも知られる。古代の祭祀場とも言われる。

続きを読む >>





立山

himeji

立山(たてやま)は、飛騨山脈(北アルプス)北部に位置する標高3,015mの山。雄山(おやま、3,003m)、大汝山(おおなんじやま、3,015m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、2,999m)の3つの峰の総称。
立山は、古くから立山修験と呼ばれる山岳信仰の場であり信仰の対象であった。開山縁起に神々が種々の姿で現れ実は阿弥陀如来であったとあるように神仏混淆である。山内には多くの神社仏閣がある。古代には立山権現として、平安時代からは地獄極楽のある山として阿弥陀信仰と結びついてきたという変遷が見られる。

続きを読む >>





弥彦山

himeji

弥彦山(やひこやま)は、新潟県の西蒲原郡弥彦村と長岡市との境界にある山である。標高は634m。東京スカイツリーと同じ高さ。弥彦山の頂上に彌彦神社の御神廟があり、縁結びの名所として知られる。

続きを読む >>