波上宮

himeji

波上宮(なみのうえぐう)は沖縄県那覇市にある神社。那覇港を望む高台の上に位置し「なんみんさん」として親しまれてきた。琉球八社の一つで、全国一の宮会より琉球国新一の宮に認定されている。

続きを読む >>





瑞鳳殿

himeji

瑞鳳殿(ずいほうでん)は、仙台市都心部の南西、広瀬川の蛇行部に挟まれた経ケ峯にある伊達政宗を祀る霊廟。
伊達政宗は生前、自らの死後、遺骸を経ケ峯に葬ることを遺言し1636年に没した。経ケ峯は青葉山段丘にあるが、仙台城本丸がある青葉山から見て東方向、広瀬川が形成した河岸段丘による谷を挟んで直線で900mほど離れており、近接する東西2つの標高70m級の峰がある。政宗の後を継いだ伊達忠宗は政宗の遺言に従い、政宗の御霊屋(おたまや、霊廟)を経ケ峯の東の峰に、正面が仙台城本丸を向くよう建立し、「瑞鳳殿」と命名した。

続きを読む >>





達谷窟

touyako

達谷窟(たっこくのいわや)は、岩手県西磐井郡平泉町に所在する毘沙門天をまつった堂。平泉の南西約6キロメートルに位置する。
延暦20年(801年)、征夷大将軍であった坂上田村麻呂が、ここを拠点としていた蝦夷を討伐した記念として建てた。正式には、達谷窟毘沙門堂。
東西約150メートル、最大標高差およそ35メートルの岸壁下方に窟毘沙門堂があり、その西側の岸壁上部に大日如来、あるいは阿弥陀如来といわれる大きな磨崖仏が刻まれている。

続きを読む >>