古墳

二子山古墳

himeji

二子山古墳(ふたごやまこふん)は、埼玉県行田市の埼玉古墳群内にある前方後円墳である。
埼玉県内で最大の前方後円墳で、二つの山があるように見えることからこの名がついた。もと東側裾に観音寺があったところから「観音山」とも呼ばれる。
内部埋葬施設は不明であるが、周濠からは1メートルを越える円筒埴輪が、多数出土している。古墳の造営年代は出土した埴輪や須恵器の特徴から、6世紀の前半と考えられ、前後して日本最大の円墳である丸墓山古墳が造られたとみられ、両者の関係は埼玉古墳群の大きな謎。

続きを読む >>